きょうから夏休み 県内公立学校で1学期終業式 三重

【樋口校長(左)の話しを聞く児童ら=津市丸之内養正町の市立養正小学校で】

【津】三重県内の多くの公立学校で19日、1学期の終業式があった。大半の学校は20日―9月1日まで夏休みに入る。

津市丸之内養正町の市立養正小学校(児童数269人)では、児童らが体育館に集合し校歌を斉唱。生徒指導の教員が、プールや海で泳ぐ時、花火をする時など夏休みの過ごし方の注意点を話した。

樋口浩一郎校長が「今から74年前、日本は太平洋戦争をしていた。夏休みはテレビ番組や戦争展などで、戦争の悲しさや平和の素晴らしさを確かめてほしい」と呼びかけた。

夏休みに向けて、1年の濱田蒼太くん(6つ)は「夏休みは旅行に行く。旅行までに宿題を終わらせたい」と話していた。

県教委によると、この日は公立小学校265校、公立中学校123校、県立高校43校、県立特別支援学校17校で終業式があった。