園児、お笑い芸人と交流 尾鷲の6保育園 コントやバルーンに笑顔 三重

【園児と触れ合う東さん(中央)と小宮さん(左)=尾鷲市中村町の中央公民館で】

【尾鷲】三重県尾鷲市中村町の中央公民館で19日、市内6つの保育園の年長児71人が、吉本興業所属の芸人と触れ合い、楽しいひとときを過ごした。

社会福祉法人尾鷲民生事業協会が主催。園児の思い出づくりの一環として催しを開いた。

同協会が依頼し、吉本興業所属の芸人で尾鷲自動車学校社長の東稔子さん(71)と西山博さん(70)のコンビ「T137+4」、アケミ・シャイニングさん(67)、ランナーズの小宮ひろあきさん(34)がコントやバルーンアートを披露し、園児たちを楽しませた。

バルーンアートの大会で全国6位の小宮さんが、風船でキャラクターの人形をつくり園児たちにプレゼント。人形を手渡された園児は笑顔だった。

東さんは「子どもたちが笑顔になってくれてうれしい」と話していた。