香肌峡への観光、移住促進 松阪市がパンフとサイト作成 三重

【飯南・飯高地域の観光パンフレット「香肌峡 櫛田川に沿った町」】

【松阪】三重県松阪市はこのほど、櫛田川流域の飯南・飯高地域を紹介する観光パンフレット「香肌峡 櫛田川に沿った町」(A4判、10ページ)を作成した。同内容のポータルサイト=https://kahadakyo.com=も開設した。

香肌峡県立自然公園の知名度向上と観光交流人口の増加、移住促進を図る。事業費は約95万円。

パンフは自然▽歴史・文化▽食べる・買う▽泊まる▽香肌峡マップで構成。市役所や同市観光協会、道の駅「茶倉駅」「飯高駅」などで配布する。

ポータルサイトは飯南・飯高地域振興局が管理し、花の開花など四季の情報やイベントなど最新情報を更新していく。また、今年度採用の地域おこし協力隊員が地域に伝わる祭りや風習、田舎暮らしを取り上げ、移住予定者に地域の暮らしを発信していく。