関西圏から誘客、料理イベント 大阪で「みえ女子キッチン」

【参加者を前に料理の説明をする講師の小寺さん=大阪市北区のグランフロント大阪北館で】

関西圏からの誘客を狙いに、鳥羽市や大紀町など県内6市町で構成する「三重県南部地域魅力発信実行委員会」と県関西事務所はこのほど、大阪市北区のグランフロント大阪北館HDC大阪Cテラスで、女性を対象にしたイベント「みえ女子キッチン」を開いた。抽選で選ばれた関西在住の女性31人が参加し、県南部の食材を使った料理づくりを楽しんだ。

このイベントは関西圏で、「自然」「食」「歴史・文化」などをテーマに、三重の魅力を発信し、誘客促進につなげることを目的に年4回開催する「コアな三重ファン講座」の第1弾。

料理の実習では、鳥羽市在住の現役海女・小寺めぐみさん(37)を講師に、オリジナル春巻きづくりに挑戦。

参加者は講師や県内在住の地域おこし協力隊員とともに食材や地元の話などで交流し、楽しみながら実習した。