「チョーサヤ」練り込み 松阪祇園まつり開幕 三重

【八雲神社を出発するみこし=松阪市日野町で】

【松阪】三重県の松阪に夏の訪れを告げる松阪祇園まつり(松阪市観光協会主催)は13日、同市中心商店街一帯で始まった。八雲、松阪、御厨の3神社のみこしが「チョーサヤ、チョーサヤ」の掛け声で市街地を練り歩いた。14日まで。

同まつりは京都・八坂神社の祭りが波及したと伝えられる。チョーサヤは「千代に栄えよ」の意味といわれる。

市街地の3神社からみこしが繰り出し、主会場の日野町交差点へ集まると「練り込み」の見せ場をつくった。ひしめき合った担ぎ手がみこしを頭上に担ぎ上げたり、傾けたり、回したりして観客から歓声を浴びた。

14日は市無形民俗文化財「松阪しょんがい音頭と踊り」や「松阪鈴おどり」「松阪しょんがいソーラン」が登場する。