女子7人制ラグビー パールズの伊藤選手 東京五輪、一次代表入り 三重

【東京五輪女子7人制ラグビー日本代表の一次候補に選ばれたパールズの伊藤優希選手=四日市市浜田町の住友電装本社で】

三重県四日市市拠点の女子ラグビーチーム、PEARLS(パールズ)所属の伊藤優希選手(22)=住友電装=がこのほど、令和2年の東京オリンピック女子7人制ラグビー日本代表の一次候補17人に選ばれた。

福岡・筑紫高、日体大を経て、今年春、四日市市に本社を置く住友電装に入社した。東京五輪の最終登録メンバー入りを目指し、まずは関東などで開催される合宿などに参加して、今年末に発表される見込みの二次候補入りを目指す。

12日に、四日市市浜田町の同社本社で会見した伊藤選手は「やっとスタートラインに立てた」と話し、「たくさんの人に支えられた。自分のプレーを近くで見てもらい恩返しできる良い機会。絶対(東京五輪に)出たい」と抱負を語った。

福岡・城南中時代は柔道選手で女子48キロ級で全国大会で準優勝したことも。自分の持ち味を「誰よりも動いてひたむきにDFするプレースタイル」と話している。