伊勢 浴衣姿で外宮参りを 来月1日、屋台やライブも 三重

【「外宮さんゆかたで千人お参り」をPRする外宮にぎわい会議のメンバー=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮外宮に浴衣姿で参拝する恒例の「外宮さんゆかたで千人お参り」が8月1日に開かれる。

五穀豊穣や無病息災を願って伊勢神宮を参拝する「八朔(はっさく)参宮」の習わしを後世に伝えようと始まった。まちづくり団体「外宮にぎわい会議」などが企画し、22回目となる。

午後6時20分に外宮火除橋に集合し、一斉に正殿へ向かう。記念品の「岩戸の塩」やうちわを贈呈する。外宮と別宮の月夜見宮は午後8時まで参拝できる。

伊勢シティプラザでは午後4―7時に浴衣の無料着付けを実施。外宮前広場は屋台が並び、ライブ演奏などがある。伊勢市駅前の外宮参道には竹あかりを灯す。

今年は「奉祝 天皇陛下御即位」と銘打ち、実行委員会は「夜の外宮さんを参拝し、夏の風情を楽しんで」と参加を呼び掛けている。問い合わせはにぎわい会議の坂田さん=電話090(3257)7674=へ。