鈴鹿市、市民会館 ネーミングライツパートナーを募集 三重

【ネーミングライツパートナーを募集する市民会館=鈴鹿市神戸1丁目で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は22日から、法人を対象に同市神戸一丁目の市民会館のネーミングライツパートナーを募集する。期間は8月9日まで。

市民会館は昭和43年にオープン。座席数約1200席でコンサートや発表会など年間約8万人が利用する。昨年1月に天井の耐震工事や客席シートの新調でリニューアルした。利用促進と財源確保につなげるためネーミングライツパートナーを文化施設では初めて導入した。

契約金額は年額100万円以上。契約期間は5―10年。外部有識者らの意見聴取と庁内選定委員会を経て選定する。