参院選三重選挙区 選挙争点、政権評価は? 3候補者に聞く

本紙は参院選三重選挙区(改選数1)に立候補している自民党の現職、吉川有美氏(45)、NHKから国民を守る党の新人、門田節代氏(51)、無所属で野党統一候補の新人、芳野正英氏(44)(届け出順)にアンケートを実施した。安倍政権への評価や憲法改正への賛否など、6項目にわたって質問。吉川氏は選挙戦で最も訴えたいことにインフラ整備と社会福祉の充実、門田氏はNHKのスクランブル放送実施、芳野氏は社会保障制度の見直しと憲法改正の阻止を挙げた。各候補の回答を2日間にわたって紹介する。

■吉川有美候補(45)自現
<選挙の争点>
将来の国家像を各党が示し、国民に選んでいただく選挙。外交、防衛、経済、社会保障、地方創生、災害復興と防災、憲法論議の促進などについて訴え、自民党が目指す「令和時代の日本の姿」を理解、支持いただけるよう努める。

<最も訴えたいこと>
女性の視点で、子を持つ母として、命と生活・経済を守る「インフラ整備」など「ハード面の安心の礎」と、子育ても老後も、障害があっても大丈夫だと思える「全世代型社会保障の充実」など、「ソフト面の安心の礎」の両輪が必要。

<安倍政権の評価>
GDPをはじめ、雇用や国民所得も大幅に改善し、いずれも過去最高の水準となっている。自然災害への迅速な対応や、多国間の経済交渉をリードする外交など、国際社会で存在感を発揮しており、国益にもつながっている。
■門田節代候補51N新
<選挙の争点>
NHK改革。スクランブル放送を導入して、NHKを見たい人だけがお金を払うようにするシステムを構築すべき。

<最も訴えたいこと>
選挙の争点と同じ。

<安倍政権の評価>
アメリカ大統領の懐にうまく入って日本の国防を維持できているので評価できるが、トランプ大統領が気まぐれなので今後心配。国内では消費増税を決行するので不支持。また、拉致被害者を奪還する約束が果たせていないので残念。
■芳野正英候補44無新
<選挙の争点>
安倍政権が続くことにイエスかノーかの一点だ。安倍政権には多くの問題点があるが、一つは国民の暮らしがないがしろにされてきたこと。もう一つは集団的自衛権を認め、憲法九条改定を目指していることが特に問題。

<最も訴えたいこと>
暮らしと平和を特に訴えたい。社会保障制度を立て直し、本当に安心できるものとする。人への投資、地方の活性化で経済を成長させる。憲法改定を阻止し、平和主義を守る。普通の人や次世代の平和な日常を守ることに全力を尽くす。

<安倍政権の評価>
人口減少・超高齢化や巨額の財政赤字などの課題を先送りし、今さえ良ければいいバラマキの政治、国民に正直でない政治を6年半も続けてきた。森友・加計問題や老後資産2千万円問題に象徴される隠蔽(いんぺい)体質も深刻。全く評価できない。