三重県議48人分の資産公開 平均所得総額、1326万円 平成30年分

三重県議48人の平成30年分の資産公開が8日、県議会議事堂の議会図書室で始まる。所得総額の平均は1326万6716円で、前年に比べて約133万円減った。最高額は4月に引退した彦坂公之前議員(能動、2期、鈴鹿市選出)だった。(所属会派、期数、選出区は平成31年4月1日現在)

1位の彦坂前議員は2347万662円。2位は前田剛志前議員(新政みえ、5期、津市)で2289万1243円、3位は水谷隆前議員(自民党県議団、4期、いなべ市・員弁郡)で2010万2103円。いずれも4月に引退した。

県議の資産公開は条例に基づいて実施。昨年1年間の所得で所得税の課税対象となる部分や、昨年1月1日から12月末までの間で新たに取得した資産が公開の対象となる。今年4月1日時点で報酬を得て就任している企業や団体の役職なども公開している。

【所得】上位3人の議員報酬以外の所得では、彦坂前議員は本田技研労働組合と全国本田労働組合総連合会の常任顧問を務め、給与を受け取っている。前田前議員は中部電力に勤めている。水谷前議員は3社の顧問に就任しているほか、土地の賃貸料がある。

【資産拡充】資産拡充の報告書を提出したのは15人。土地2人▽建物1人▽預金3人▽貯金3人▽有価証券1人▽株券3人▽自動車3人▽ゴルフ場の会員権1人▽借入金4人―となっている。

【関連会社】18議員が27企業・団体の顧問や役員などを務めている。会派別では、自民党県議団が8人、新政みえが5人、能動、鷹山はそれぞれ2人、自民党は1人。関連会社の数は石田成生議員(自民党県議団、2期、四日市市)が最も多く、4社の顧問などに就任している。

■県議の資産拡充
青木謙順=小型自動車1台▽杉本熊野=貯金500万円▽奥野英介=普通自動車1台▽中川正美=預金50万円、普通自動車1台▽廣耕太郎=ゴルフ場会員権2(伊勢カントリー、セブンスリー)▽後藤健一=土地(松阪市白粉町五二四の六と五三〇、五三一の二、五三二)約227平方メートル、株券439株(中部電力)▽田中祐治=貯金50万円▽野口正=株券700株(サイネックスなど4社)▽倉本崇弘=借入金2941万973円▽東豊=金銭信託43万6768円、借入金300万円▽大久保孝栄=借入金1893万8819円▽日沖正信=株券3370株(三井物産など5社)▽水谷隆=土地(いなべ市大安町平塚上松崎一七七〇の二と一七七〇の三、一七七〇の四、一七七一の二、一七七一の三、一七七一の四、一七七二の一、一七七三)約1482平方メートル、建物(いなべ市大安町平塚上松崎一七七二の一)約518平方メートル、借入金1億2272万円▽舘直人=預金320万円▽西場信行=預金60万円、貯金24万円

■県議の関連会社
【新政みえ】舟橋裕幸=カスヤ顧問▽前田剛志=中部電力社員▽芳野正英=NPO法人みらい自然ファーム理事、ソールルーナ理事▽廣耕太郎=KTアド役員▽日沖正信=医療法人大和会顧問

【自民党県議団】石田成生=エス・エヌ・ケー・テクノアドバイザー、三重畜産顧問、三陽相談役、九州工業顧問▽津田健児=医療法人鈴桜会理事▽田中祐治=東部建設相談役、櫛田川第一漁業協同組合組合長▽野口正=サンヒル相談役▽小林正人=社会福祉法人伊勢亀鈴会職員▽水谷隆=ADEKA顧問、城田運送顧問、ひまわり顧問▽木津直樹=友愛顧問▽服部富男=ティーオーエム代表取締役

【自民党】中川正美=広瀬精工監査役

【能動】彦坂公之=本田技研労働組合常任顧問、全国本田労働組合総連合会常任顧問▽長田隆尚=長田建材店顧問

【鷹山】東豊=社会福祉法人ふらここ保育園職員▽大久保孝栄(現・谷川孝栄)=公文式有馬町教室経営者、吉野熊野新聞社社員