亀山 名阪国道でトレーラー横転 運転手軽傷、5時間半通行止め 三重

【亀山】5日午後10時半ごろ、三重県亀山市木下町の名阪国道下りで大型トレーラーが横転。トレーラーの男性運転手が救急搬送され、軽傷を負った。

高速隊によると、現場は緩やかな右カーブ。トレーラーはクレーンの資材を運搬していたという。高速隊が横転の原因を調べている。

事故車を搬送するため、名阪国道下りの亀山IC(インターチェンジ)―伊勢関IC間が6日午前1時半ごろから約5時間半にわたり、通行止めとなった。