チャンカワイさん選挙啓発大使に 参院選の投票呼び掛け 三重

【投票を呼び掛けるチャンカワイさん(中央)=津市高茶屋小森町で】

三重県名張市出身のお笑い芸人チャンカワイさんが6日、津市高茶屋小森町のイオンモール津南で、参院選(4日公示、21日投開票)の投票を呼び掛けるラジオ番組の公開収録に臨んだ。観覧した買い物客ら約300人(県選管発表)を前に「チャンと投票、ちゃんと一票」と呼び掛けた。

県選管は若者の投票率を向上させるため、普及啓発を担う「選挙啓発臨時大使」を新たに創設。若者にも知名度のある県出身のチャンカワイさんを臨時大使に委嘱し、番組やCMの出演者として起用した。

ラジオの公開収録には、チャンカワイさんとFM三重のアナウンサー2人が出演し、県の魅力を紹介。収録冒頭、県選管の野田恵子委員が選挙啓発臨時大使の委嘱状をチャンカワイさんに手渡した。

チャンカワイさんは「税金を納めるようになってからどう使われるのか気になって投票に行き始めた。興味を持ち始めたら楽しい」「投票に行ってないのはもったいない。一回行ってみよう」と話した。

番組は14日にFM三重で放送予定。チャンカワイさんは7日に三重大(津市)で開かれるテレビ番組とのタイアップイベントにも出演する。