参院選三重選挙区 現新3氏が出馬へ あす公示

参院選は4日公示、21日投開票される。三重選挙区(改選数1)は、NHKから国民を守る党新人の門田節代氏(51)、自民党現職の吉川有美氏(45)=公明党推薦=、無所属新人の芳野正英氏(44)=立憲民主党、国民民主党推薦(50音順)が立候補する見通し。

6年前の参院選で15年ぶりに議席を獲得した自民にとっては、参院での1議席死守が至上命令。三重選挙区を全国でも有数の「激戦区」として位置付ける。吉川氏は菅義偉官房長官や三原じゅん子党女性局長ら〝大物〟を招き、盛んに決起大会を開いてきた。

対する野党は、三重民主連合が擁立する芳野氏に候補者を一本化。野党統一候補が当選した3年前の再現を目指す。元民進党代表の岡田克也衆院議員(三重3区)らの強い支援で支持拡大に懸命。南部などでの「知名度不足」を克服できるかがカギとなる。

一方、門田氏は後援会を持たず、NHKの受信料問題に的を絞る独自の戦い。任意で受信を拒否できる「スクランブル放送」の導入を訴える。県選管が設定していた26、27日の事前審査には現れなかったが、2日午前に審査を済ませた。