三重テラスで「つデイ」 県ゆかりの人物ら紹介 橋本区議と原田氏が応援

【つデイに駆け付けた橋本区議員(左)と原田氏(右)=東京都中央区の三重テラスで】

津市の魅力を発信する「つデイ」が1日、東京都中央区の三重テラスで開かれ、同市に本社を置く伊勢新聞社が140周年を記念し企画した「365日のMVP」のパネル展示などを行い、市のアピールを行った。

同企画は、同社が昨年1月から約1年間、経済やスポーツ、文化などさまざまな分野で活躍する県内関係者365人・団体を写真とエピソードを交え伊勢新聞で毎日掲載したもの。今年4月には紙面をまとめた写真集も刊行している。

会場には、「365日のMVP」で紹介された津市ゆかりの人物や団体の紙面が展示され、同市職員や伊勢新聞社員らが魅力を伝えた。ほかにも20日にオープン予定のおやつタウンの紹介や同市藤方の富士珈琲が焙煎したコーヒーなどのふるまいがあり、多くの来場者で賑わった。

また、同企画で紹介された同市出身で元アイドルの渋谷区議員の橋本ゆきさんや同市のまちおこし団体津ぎょうざ小学校のメンバー原田浩治さんもかけつけ会を盛り上げた。

台東区浅草から来た前田修さんは「あずきバーやベビースターの会社が津市にあるとは知らなかった。いろんな人がいるとわかり、津市の印象が変わった」と話した。

橋本さんは「あらためて津市にはバラエティに富んだ人がいるとわかった。渋谷駅前には忠犬ハチ公像があるがハチの飼い主は津市出身の上野英三郎博士で、つながりがある。今後依頼があれば交流を検討したい」と語った。原田さんは「取り上げられたことをきっかけにつながった縁もありありがたい。ネットワークを大切に今後も市を盛り上げていく活動を続けていきたい」と語った。