津地裁 国交省職員の男に猶予判決 鍵盗み同僚女性宅に侵入 三重

盗撮目的で鍵を盗み同僚女性方へ侵入したとして、住居侵入と窃盗の罪に問われた三重県津市桜橋3丁目、国交省三重河川国道事務所職員佐藤進祐被告(23)の判決公判で、津地裁(平手一男裁判官)は28日、佐藤被告に対し、懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。

平手裁判官は判決理由で、「職場の同僚に一方的に好意を寄せて執着した犯行態様は悪質。経緯にくむべき点はなく刑事責任は軽視できない」と指摘。一方、被害者に自ら犯行を告白した後に自首して反省を示している点や、被害者への被害弁償が合意に至った点などから執行猶予を認めた。

判決によると、佐藤被告は4月19―27日にかけて、職場で同僚女性のかばんから鍵3本(時価合計約4700円)を盗み、女性宅に侵入。玄関の合鍵を作るために専門の業者を呼び、合鍵作成に必要とされる鍵の情報が記載されたカード1枚を盗んだ。