参院選の公正を確保 三重県警、選挙違反取締本部を設置

【参院選違反取締本部設置に伴い看板を掛ける捜査員=津市の県警本部で】

参院選(7月4日公示、同21日投開票)に向け三重県警は27日、津市栄町一丁目の同本部捜査二課と県内18署に選挙違反取締本部を設置した。

難波健太本部長を筆頭に全警察官と警察職員約3400人体制で選挙違反の取り締まり強化に当たる。

同課によると、25日現在の警告件数は20件で、全て文書掲示違反によるものだった。平成28年の前回参院選は文書掲示違反を中心に77件の警告があった。

同課の井澤勝巳次長は「選挙の公正を確保するため、厳正公平な違反取り締まりを強力に推進したい」と話した。

取締本部設置に合わせ選挙違反に関する情報提供専用窓口=メールアドレスsenkyo110@rc5.so―net.ne.jp=を開設している。