参院選三重選挙区 2陣営が書類提出 事前審査、吉川氏と芳野氏

7月4日公示の参院選三重選挙区(改選数1)の事前審査が27日、県庁であり、自民党現職の吉川有美氏(45)と三重民主連合が擁立した新人、芳野正英氏(44)の2陣営が立候補の関係書類を提出した。

三重選挙区には両氏のほか、NHKから国民を守る党の新人、門田節代氏(51)が立候補を表明している。門田氏は公示までに審査を受ける見通し。県選管は28日以降も随時、審査を受け付ける。