度会町 たいまつ手に「虫送り」 住民ら五穀豊穣祈る 三重

【たいまつを持ち水田周辺を練り歩く住民ら=度会町立岡で】

【度会郡】三重県度会町立岡で23日夕、稲の害虫を煙で追い払い五穀豊穣を祈願する「虫送り」があった。地元の子どもからお年寄りまで約50人が参加し、長さ2―3メートルのたいまつを手に水田周辺を練り歩いた。

農業の近代化が進んだ昭和30年頃に途絶えた伝統行事を、子どもらに受け継いでもらおうと、耕作放棄地の活用などに取り組む「立岡営農クラブ」(山本操代表)が平成26年に復活させた。町内では同地区だけで実施されていて今年で5回目。

行事で使用するたいまつは子どもらと区民が作製。小麦と稲のわらを束ねて竹に取り付け、50本を用意した。

この日はあいにくの雨となったが、太鼓やかね、ほら貝の音が響く中、参加者らが火を付けたたいまつを持ち、煙が出るように上下に振りながら500メートルほど歩いた。

山本代表(71)は「クラブの7人は全員70歳以上。地域を盛り上げ次世代に伝えていくためにも、若い人に参加してもらい今後も頑張っていきたい」と話していた。