北伊勢上野信金 「Origami Pay」との口座連携 三重

【四日市】北伊勢上野信用金庫(三重県四日市市安島、市川克美理事長)は26日、「Origami」(東京都港区、康井義貴社長)が提供するスマホ決済サービス「Origami Pay」との口座連携を開始する。同金庫に口座を持っている顧客は「Origami」のアプリをダウンロードし、「ウォレット」から「金融機関口座を登録する」を選択し、口座番号などの必要情報を入力し本人確認を行うことで、預金口座と「Origami Pay」を直接結びつけることが出来、全国の「Origami」加盟店でスマホ決済を利用出来るようになる。決済時には、リアルタイムに口座から決済代金を引き落とすため、チャージは不要だという。

「Origami」は、「お金、決済、商いの未来を創造する」とのミッションのもと、キャッシュレスを実現するモバイルにおける金融プラットフォームを提供している。2012年に会社を設立し、2015年にスマホ決済サービスの提供を開始。全国のコンビニ、ファストフード、タクシー、百貨店や地域の小売・サービス業など、多岐にわたる業種・業態の加盟店へ「Origami Pay」の導入が拡大しており、加盟店数は国内145万ヶ所、海外1千万ヶ所(2019年末予定)になる。