子どもら雑巾がけレース白熱 旧辰水小校舎でフェスタ、出店やステージも

【雑巾がけレースを楽しむ子どもたち=津市美里町家所で】

【津】平成29年3月に閉校した津市美里町家所の旧辰水小学校の校舎を活用したイベント「たつみずフェスタ」が22日開かれ、地域住民らを中心にイベントを楽しんだ。

フェスタは、校舎を活用し、地域を盛り上げようと、地域住民でつくる「辰水元気づくり協議会」(櫻井克己会長)が同年に始め、今年で3回目。

この日は地元野菜の販売や、焼きそば、フライドポテトの出店、バンド演奏やマジックショーなどが催された。廊下を使ったぞうきんがけレースなどもあり、訪れた子どもたちが楽しんだ。

父親が美里町出身で、家族で訪れた同市一志町の西出結翔くん(5つ)は「ヨーヨー釣りが楽しかった。(食べ物は)どれもおいしい。かき氷は2つ目」と笑顔で話した。

同協議会の担当者は、今後イベントに「地域外の人にも来てもらい、この地区を知ってもらうことで、住みたいと思う人が増えれば」と期待していた。