チームみえスーパージュニア 指定選手10人発表 三重

三重県は21日、国民体育大会やオリンピックなど国内外の競技会で活躍が期待される県ゆかりのジュニア選手を支援する「チームみえスーパージュニア」令和元年度指定選手10人を発表した。

中・高校生枠の7人と、19歳以下の「U20枠」の3人。U20枠では岩野夏帆(水泳・水球、秀明大)=いなべ市出身=、金津亜門(ハンドボール、関西大)=四日市工高出身=、堂﨑月華(柔道、東京学芸大)=名張高出身=の大学生1、2年生の3人を選出。いずれの選手も各競技の年代別代表として活動している。

個人や企業からの募金を活用して、競技団体から推薦されたジュニア選手の遠征費や用具代などを補助する。指定証交付式は30日午後1時半から、鈴鹿医療科学大白子キャンパスで開催のチームみえジュニア指定証交付式と併せて行う。

中・高校生枠の指定選手は次の皆さん。

〈中・高校生枠〉島田綾乃(水泳・アーティスティックスイミング、鈴鹿市立白鳥中)、眞田将吾(テニス、海星中)、弓矢健人(レスリング、いなべ総合学園高)、藤波朱理(レスリング、いなべ総合学園高)、加藤愛望(ハンドボール、四日市商高)、前出陸杜(卓球、津市立東観中)、日沖悠(カヌー、桑名西高)