G20を前に不審者対応訓練 津駅で警官ら 三重

【ナイフを持って抵抗する不審者役(右)と相対する警察官=津市羽所町で】

【津】今月28、29日に大阪でのG20サミットを控え、三重県の津署と近鉄津駅、三重交通中勢営業所は19日、近鉄津駅で無差別殺傷事件を想定したテロ対策訓練をした。事件を未然に防ぐための不審者への対応などを確認した。

訓練では、駅に不審者2人がいて、駅員が声を掛けると逃走。このうち不審者1人を発見した警察官が職務質問をしようと声を掛けたところ刃物を持って抵抗したため取り押さえた。もう1人の不審者は、客のいないバスに乗り込み運転手に移動を強要。隙を見て逃げ出した運転手がバスの扉を締めて犯人を閉じ込め、近くにいた警察官に助けを求めた。

G20サミットを前に、同署は5月27日には津なぎさまち旅客船ターミナルで啓発活動に取り組むなど警戒を呼び掛けてきた。

西村智孝警備課長は「G20に向けて警戒を高めていく」と話していた。