鈴鹿 海岸に身元不明男性遺体 三重

【鈴鹿】18日午後0時半ごろ、三重県鈴鹿市江島本町の海岸を散歩していた男性から「海岸に死体のようなものが打ち上げられている」と一一〇番があった。鈴鹿署によると、遺体は死後間もない50―70代の男性とみられ、司法解剖して死因を調べるとともに身元の特定を進めている。

同署によると、遺体は身長約170センチの中肉、白髪交じりの短髪で胸から右大腿部にかけて大きな手術痕があった。着衣は青の半袖シャツに茶色の長ズボンで靴はなく、ズボンのポケットから千円札1枚が見つかったほかは所持品は確認されていない。

争った形跡や目立った外傷はないといい、事故か自殺の可能性が高いとみて詳しく調べている。