津 パール倶楽部が10周年 総会と児童招き記念行事 三重

【人形劇団「どむならん」の公演を楽しむ児童(手前)ら=津市一身田のフレンテみえで】

【津】「伊勢新聞パール倶楽部」(85人、中川千惠子会長)は16日、三重県津市一身田上津部田のフレンテみえで第10回全体総会と10周年記念事業を開いた。

同倶楽部は県内のビジネス、芸術文化、ボランティアなどの各分野で活躍する女性らが、異業種交流や自己研さんを通じた社会貢献を目指す。

中川会長(76)は「総会とともに、創設10周年の節目を記念して社会貢献事業を企画・実現できた」とあいさつ。22人が出席し、昨年度の事業・収支報告と本年度の事業・予算計画の4議案を承認した。

総会後、県内8カ所の児童養護施設の子どもたち40人と職員16人を招待して、10周年記念のお楽しみ会を開いた。伊勢市の人形劇団「どむならん」の公演をはじめ、津市の大川幼稚園理事長大川吉崇さんの手品、長野県の「花・花 黒田ファミリー」の風船パフォーマンスに児童らは歓声を上げた。