写真集「富士山絶景」発売 四日市の山下さん監修 ガイド本にも 三重

【発売された本を手にする山下さん=四日市市大矢知町で】

【四日市】20年以上にわたり富士山を撮り続けている四日市市大矢知町の写真家、山下茂樹さんが写真提供し監修を務めたムック本「富士山絶景 眺めに行きたいベストスポット50」(ぴあ刊)がこのほど、発売された。

富士山の絶景スポット50カ所を紹介した。山下さんが撮影した色彩美あふれる富士山の写真とともに、絶景スポットへの道案内や撮影のワンポイントなどを掲載。アプリの利用により、スマートフォンやカーナビと連携して絶景スポットまでの道案内も可能だ。掲載のQRコードを読み取ると、目的地までのルートを簡単に検索できる。

収録しているのは、霧に包まれ神秘的な表情をみせる富士山やダイヤモンド富士、雲海と朝焼けに浮かぶ富士山など。ガイド本として、また写真集として、見るだけでも楽しめる。富士山は外国人からの人気も高いため、同本は英語でも読める「日英バイリンガル版」となっている。

A4判オールカラー97ページ。定価は900円(税別)で、全国の書店で買える。