きょうから苔展 伊勢・おかげ横丁

【おかげ横丁内の各店舗に置かれている商品と組み合わせ、苔玉を展示、販売する奥野さん=伊勢市宇治中之切町で】

【伊勢】伊勢市宇治中之切町の観光施設「おかげ横丁」で15日、企画展「梅雨に映ゆる苔(こけ)たち」が始まる。県内外の作家十人が大黒ホールで、苔玉や盆栽、苔テラリウムなど計約300点を展示販売する。7月7日まで。期間中の土日には、苔玉作りなどの体験教室も開く。

来場者に風情を感じてもらおうと、一昨年から毎年、梅雨の時期に開催。苔作品は若い女性の間で「かわいい」と人気があり、「コケ女子」と呼ばれる愛好家らなど大勢の人が訪れる。

企画展では、作家ごとに個別のテーマが割り振られている。伊勢市楠部町の苔玉作家・奥野知子さん(42)のテーマは「おかげ横丁」。奥野さんは、松阪木綿を使った人形と苔玉を並べて展示するなど、横丁内の各店舗にある商品と苔玉を組み合わせて展示する。

奥野さんは「苔に囲まれていると心が落ち着く。いろんな作家の多種多様な作品が置かれているのでぜひ見に来てほしい」と話している。

体験教室の参加料は2千円。問い合わせは、おかげ横丁=電話0596(23)8838=へ。