キリン、新たに製造ライン 名古屋工場 「氷結」など国内最大規模

【くす玉を割るキリンビール中村貴昭名古屋工場長らー愛知県清須市のキリンビール名古屋工場にて】

キリンビールは12日、愛知県清須市の名古屋工場で「キリン氷結」などのRTD製造ラインのお披露目会を開催した。

製造能力は年間約10万キロリットルで、RTD製造拠点としては国内で最大規模となる。投資額50億円。

名古屋工場は1962年の操業以来、ビール類だけ製造してきたが、拡大するRTD市場に対応するため増設した。RTDの大型施設は国内では茨城県と岡山県にあり、中間に位置する愛知県に新設し、安定供給できるようになる。

キリンビール中村貴昭名古屋工場長は「地元の皆様に愛される工場にしていきたい」とあいさつした。