事後強盗犯逮捕に協力 鈴鹿アンリミテッドFC 髙野選手ら3人に感謝状 三重

【伊藤署長(左)から感謝状を受け取る選手ら=津署で】

【津】5月5日に三重県津市一身田中野のスーパーで起きた事後強盗事件の現行犯逮捕に協力したとして、津署の伊藤達彦署長は12日、サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に所属する鈴鹿アンリミテッドFCの髙野次郎選手(25)、月成大輝選手(25)、芦田成利選手(25)の3人に感謝状を贈呈した。

選手らは、試合後に近くを通りかかった。スーパーの店長が「泥棒」と叫びながら追いかけているところを見かけ、髙野選手が容疑者を追いかけた。

髙野選手は、容疑者から「手を出すぞ」と脅されたが、余計なことをせずに戻るように説得した。合流した月成選手が警察に通報、芦田選手も加勢し、スーパーから約500メートル離れたところで容疑者を確保した。

髙野選手は「怖かったが柔軟に対応できた。距離を取りながらなだめていった」と振り返った。

伊藤署長は「大変なご協力をいただいた。まさに子どもたちのヒーロー的存在」と協力を感謝した。