父の日に「乳」を贈ろう 県酪農女性会議 知事に乳製品贈呈 三重

【鈴木知事(右)に牛乳を贈る堀山委員長=三重県庁で】

父の日(16日)を前に、三重県内の女性酪農家でつくる県酪農女性会議が11日、鈴木英敬知事に牛乳やヨーグルトなどの乳製品をプレゼントし、「父の日に牛乳(ちち)を贈ろう!」というキャンペーンをPRした。

消費拡大を狙い、6月の牛乳月間に合わせて全国的に実施するキャンペーンで、「父」と「乳」を掛けて父の日に牛乳をプレゼントすることを呼び掛けている。平成18年度から毎年知事らに牛乳を贈っている。

堀山静代委員長らが県庁を訪れ、3選を果たした鈴木知事に対し「三重県のパパとしてさまざまな活躍を期待している」と祝福。「牛乳は牛からの愛のお裾分け。三重県の牛乳を守りたい」と述べた。

鈴木知事は牛乳を試飲し「うまいね」と一言。「我が家では子どもが寝る前に必ず牛乳を飲む。おかげさまで寝付きが良い」と感謝した上で「県内の生産がしっかり安定するように努力したい」と語った。