熱演に観客沸く 東員町でこども歌舞伎公演 三重

【「弁天娘女男白浪浜松屋の場」を演じる出演者=東員町の町総合文化センターで】

【員弁郡】歌舞伎の名優七代目松本幸四郎の出身地である三重県東員町の町総合文化センターで9日、「こども歌舞伎公演」が開かれた。幼稚園年長児―高校1年生の15人が舞台に立ち、628人の観客を沸かせた。

「弁天娘女男白浪浜松屋(べんてんむすめめおのしらなみはままつや)の場(ば)」と「恋飛脚大和往来新口村(こいびきゃくやまとおうらいにのくちむら)の場(ば)」の2演目を上演。かわいらしい声をした園児のセリフ回しに、客席から思わず笑いがこぼれる場面もあった。子どもらは大人顔負けの演技を見せ、観客を物語の世界に引き込んでいた。

公演は、七代目松本幸四郎を顕彰する「松の会」と町などが毎年開き、今年で24回目になる。