三重ボラ、募金呼び掛け 鈴鹿の白子駅前でミィと共に 三重

【三重ボランティア基金の啓発グッズを手渡す鈴木会長(中央)=鈴鹿市白子駅前で(同基金提供)】

三重県内のボランティア活動を支援する三重ボランティア基金(会長・鈴木英敬県知事)はこのほど、鈴鹿市白子駅前の近鉄白子駅西口で街頭啓発をし、関係者26人が募金を呼び掛けた。

福祉の街づくりを推進しようと6月を強調月間として県内各地で協力を呼び掛けている。

鈴木会長や同基金の役員らが同基金のイメージキャラクター・ミィと共に募金を呼び掛け、同基金を紹介するリーフレットや啓発用のポケットティッシュ約300個を手渡した。県立白子高校ボランティア部の5人も協力した。

朝の通勤・通学時間帯に約30分呼び掛け、計4928円が寄せられた。