ハナショウブ咲き始める 亀山公園で1万2000株 三重

【咲き始めたハナショウブ=亀山市若山町の亀山公園菖蒲園で】

【亀山】三重県亀山市の花、ハナショウブが同市若山町の亀山公園菖蒲園(しょうぶえん)で咲き始めた。見頃は今月中旬まで。

約4千平方メートルの公園内には、百種類1万2千株のハナショウブが植えられている。津市から訪れた70代の夫婦は「3年前に来たが
、今年も紫や黄色の花がきれいに咲いてますね。花に付けられた名前を見るのも楽しい」と話していた。

9日午前10時―午後3時、「花しょうぶまつり」(同実行委員会主催)が開かれる。当日は幼児や小学生対象の写生大会や一般参加の写真コンテスト、ご当地グルメの「亀山みそ焼きうどん」や野だて、市立亀山中学校吹奏楽部の演奏などもある。

同公園を管理する市地域社会振興会は「公園内を散策しながらハナショウブやアジサイの花を楽しんで」と呼び掛けている。問い合わせは同振興会=電話0595(82)7111=へ。