お中元商戦スタート 津松菱で「出陣団結式」 三重

【「頑張るぞ」と唱和する社員ら=津市東丸之内の松菱で】

【津】三重県津市東丸之内の津松菱(西村房和社長)は1日、同店7階のお中元ギフトセンターのオープンに合わせ「出陣団結式」を開いた。県産品や特選品など約1000点をそろえ、売り上げ前年比101%を目指す。7月26日まで。

年々購入時期が早まるのに合わせこれまでより3週間早くオープン。団結式には社員約150人が出席した。西村社長は昨年末から県産品の販売に注力する「地域商社」の取り組みを始め、「ふるさと三重の産品を今まで以上に充実させ伝統の味をアピールしたい」とあいさつした。

新入社員4人が同店の昭和と平成の中元カタログを紹介。代表3人が「おもてなしの心を持って笑顔で接客します」と宣誓し、全員で「頑張るぞ」と唱和した。

同店によると近年のギフト商戦では県産品の需要が伸び、全1000点中200点を三重の産品とした。また特選品として普段取り扱いのない人気ブランドの菓子をそろえた。