奥林が三重県高校新Ⅴ 陸上女子400メートル障害

第69回三重県高校総体は1日、陸上競技、レスリング、柔道、剣道などが行われた。陸上競技は男女14種目の決勝が行われ、女子400メートル障害は奥林凜(四日市商)が1分0秒56の県高校新記録で制した。従来の記録は2004年に川瀬範子(桑名)が樹立した1分0秒86。

レスリングは男子団体と個人フリースタイルが行われ、男子団体は昨年の全国高校総体3位のいなべ総合が10年連続11回目の優勝を果たした。

柔道は団体戦があり、名張が3年連続で男女そろって優勝。剣道団体は三重が9年ぶりの男女アベック優勝を果たした。相撲は志摩が初優勝した。

サッカーは男女準決勝が行われ、男子は四日市中央工と海星、女子は神村学園伊賀分校と三重が2日の決勝に駒を進めた。