浸水危険箇所をチェック 津市と消防が実地調査 三重

【ハザードマップを広げ危険箇所を確認する職員ら=津市安濃町連部で】

【津】台風や梅雨に備え、三重県の津署と津市消防本部中消防署は31日、台風などで浸水する可能性のある危険箇所の実地調査をした。県道42号と近鉄名古屋線の線路が交差する津市東古河町のアンダーパスと、同市安濃町連部付近を流れる穴倉川を調査した。

アンダーパスでは、同市危機管理部、県津建設事務所と合同で、排水用ポンプについての情報共有や電源施設の確認をした。

同事務所によると地下にポンプが埋められており、たまった水を安濃川に排水する。ポンプは4台設置しており、水のたまり具合に応じて順次稼働する。

穴倉川では同市安濃総合支所と合同で調査を実施。同支署の職員が平成26年に冠水が起こったことなどを説明した。

津署によると、合同調査は毎年この時期に実施し、情報共有の場としても活用している。