地域の福祉に役立てて ぼちぼち劇団よかよか 伊勢市に寄付 三重

【公演会場で募った募金を鈴木市長に届けた中村さん(左)=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県の伊勢市や明和町を中心に活動するアマチュア劇団「ぼちぼち劇団よかよか」は30日、公演会場で募った募金2万1049円を、地域福祉に役立てるため市に寄付した。

座長で、介護事業を手がけるNPO法人sky(同市)理事長の中村章子さん(60)が、仕事や趣味の仲間に参加を呼びかけてできた劇団。今月、同市の市ハートプラザみそので、水戸黄門と伊勢参りを題材にしたオリジナル劇を上演したほか、カラオケ大会や歌謡ショーを繰り広げ、幕間に来場者に募金を呼びかけた。

中村さんが、市役所で鈴木健一市長に募金を手渡し「地域の人に、元気に見に来てほしいとの思いで活動している。募金には、たくさんの方が協力してくれた。今後も活動を続けたい」と話した。