津 来季にV2リーグ参戦 バレーのヴィアティン報告 三重

【前葉市長(中央)と記念撮影する関係者ら=津市役所で】

【津】三重県内で唯一Vリーグに参戦するヴィアティン三重バレーボールチームが28日、津市役所を訪れ前葉泰幸市長に来季のV2リーグ参戦を報告した。

同チームは、平成28年に発足。昨季はV3リーグで準優勝した。津市とスポーツ振興等に関する包括連携協定を結んでおり、昨季はリーグ戦2試合を同市北河路町のサオリーナで開催した。

チームによると、昨季の観客動員数は平均約1000人でV2、V3リーグで最多動員だった。動員数や成績などから昇格が決まった。米村尊選手が「来シーズンは上のリーグになる。三重県を背負っていることを自覚して戦う」と意気込んだ。

2年後にとこわか国体が控える中で、チームは県から国体成年男子強化指定チームに指定されている。亀田吉彦監督は「国体に向け、いいタイミングで昇格できた」と話した。