三重県知事「怒り覚える」 川崎市の事件受け

川崎市の路上で登校途中の小学生らが男に刃物で刺されるなどして死亡した事件を受け、鈴木英敬三重県知事は28日のぶら下がり会見で「怒りを覚える」と何度も繰り返した。

鈴木知事は「亡くなった児童と男性にお悔やみを、けがをした方にはお見舞い申し上げる」と述べた上で「強い憤りを感じる。なぜこういうことが起こるのか」と怒りをあらわにした。

県内での対応を問われると「全容が解明される状況を見ながら、対策を検討する」と説明。「子どもたちの命を守り切らないといけない。やれることは何なのか情報収集する」と語った。