鳥羽水族館 赤ちゃん2頭、よろしくね オットセイとスナメリ 三重

【親に付いて泳ぐスナメリの赤ちゃん】

【鳥羽】鳥羽市の鳥羽水族館は27日、ミナミアフリカオットセイとスナメリに、それぞれ赤ちゃんが誕生したと発表した。スナメリの赤ちゃんは既に公開している。オットセイの公開時期は未定。

オットセイの赤ちゃんの性別は雄で、23日未明に誕生した。体長約60センチ、体重は4・2キロ。産後すぐに力強く鳴き、初授乳も確認されている。真っ黒な体毛とくりくりとした大きな目が特徴という。館内のミナミアフリカオットセイは計10頭になった。

スナメリの赤ちゃんは25日夜に誕生。性別不明で体長は75センチ、体重は7キロ。母親のチョボは、赤ちゃんと一緒に泳ぎながら授乳させているという。館内のスナメリは計9頭になった。