伊勢 女性のために社会貢献 国際ソロプチミスト三重 40周年記念式典

【式典であいさつする辻会長=伊勢市宇治中之切町の神宮会館で】

【伊勢】三重県内の女性有志でつくる奉仕団体「国際ソロプチミスト三重」の認証40周年記念式典が24日、伊勢市宇治中之切町の神宮会館で開かれた。会員や県内外の関係者約320人が出席し節目を祝った。

式で辻眞由実会長は「昭和、平成を経て令和の年に40周年を迎えることができた。心を新たに会員の和を広げて活動したい。地域で、女性のために頑張っていきたい」とあいさつ。来賓の鈴木英敬知事や三重大学の駒田美弘学長らが祝辞を述べた。

式典中、40周年の記念寄付の目録贈呈式もあった。記念寄付は、伊勢市の伊勢神宮や県の女性支援事業、子ども食堂など9団体に、電動車いすや寄付金など計600万円を寄贈。辻会長が、各団体の代表に目録を手渡した。

国際ソロプチミスト三重は、昭和54年に認証。現在32人の会員が在籍し、チャリティーなど社会貢献活動を続けている。