松阪元気パン第2弾 コイサンズと市民病院 三重

【「サーモンチーズおやき」(右)と「お豆腐クリームの抹茶揚げパン」】

【松阪】「513ベーカリー」を展開する「コイサンズ」(三重県津市栄町二丁目)と松阪市民病院(松阪市殿町)は24日、共同開発「松阪元気パン」の第2弾として「サーモンチーズおやき」(税別260円)と「お豆腐クリームの抹茶揚げパン」(同180円)を発表した。513ベーカリーの松阪高町店と松阪川井町店で6月末まで販売する。

体が弱り、食欲が落ちた時を想定し、高カロリー、高栄養なおかずとして考案した。同院栄養管理室の管理栄養士が考え、同社が商品化した。

おやきはサーモンとチーズクリームを包み込んでいる。揚げパンは抹茶の菓子生地を使い、豆腐を混ぜた生クリームと粒あんを挟んでいる。

同院栄養管理室長を務める畑地治統括副院長は「食事が進まない時、おいしく食べてカロリー、タンパク質を取ってもらえる」とPRした。コイサンズの髙橋仁志社長は「年配の方に売れている」と話した。