子どもの見守りに協力 四日市西署 アイサン物流が協定 三重

【「地域安全協定」を締結した北山署長(右)と服部代表取締役=四日市西署で】

【三重郡】三重県の四日市西署(北山秀樹署長)は23日、同署で菰野町諏訪の運送業、アイサン物流(服部功代表取締役)と「地域安全協定」を締んだ。北山署長と服部代表取締役がそれぞれの協定書に調印した。

同協定は、地域の安全を目的に、地元事業所が日常業務を通じて、子どもの見守りや不審者、行方不明者の発見活動やドライブレコーダー搭載車両による画像提供など行う。平成26年以降、これまで2事業所と締結している。

服部代表取締役は「系列会社2社と連携をとり、全従業員59人が一丸となり、地域の安全に少しでも貢献できれば」と話した。北山署長は「事業所の理解を得て協定を結んだことは心強い。よろしくお願いします」と協力を仰いだ。