四日市の天然水と粉末茶、セットで 来月から販売 三重

【天然水と粉末茶の特別セット商品を手にする上下水道局の職員=四日市市役所で】

【四日市】三重県の森智広四日市市長は21日の定例記者会見で、6月1日から「水沢のおいしい粉末茶『伊勢本かぶせ茶』」(1グラムスティック)と「四日市のおいしい天然水『泗水の里』」(500mlペットボトル)の特別セットを販売すると発表した。1本税込み百円で、限定500セットを市総合会館売店、じばさん三重名品館、お休み処43茶屋観光案内所でセット品がなくなるまで販売する。

市では、毎年6月1日から7日までの水道週間にあたり、水道水の大切さ、水道水の美味しさに関する理解と啓発活動を実施しており、平成17年からは水道原水となる地下水を天然水「泗水の里」として製造・販売している。例年、啓発イベントなどを実施してきたが、今年は趣向を変え、三重茶農業協同組合との初めてのコラボで特別セットを販売。ペットボトルの中で粉末を溶かして混ぜると“かぶせ茶”を美味しく飲むことが出来る。