津 駒田さん三味線披露 正覚寺で降誕会 三重

【民謡、三味線、太鼓を組み合わせた演目を披露する駒田さん=津市西丸之内の正覚寺で】

【津】三重県津市西丸之内の浄土真宗本願寺派正覚寺(正親一宣住職)は19日、宗祖親鸞聖人生誕を祝う行事「降誕会(ごうたんえ)」を開いた。津市出身で津軽三味線奏者の駒田早代さん(19)を招いたコンサートもあり、門徒ら約70人が聞き入った。

東京藝術大学在学中の駒田さんは、5月青森県であった第38回津軽三味線世界大会女性A級部門で初優勝。この日は三味線や足で太鼓を操って歌う独自手法で、尾鷲節や南部俵積み唄など7曲を披露し、「いずれは三重県に戻って若い世代に民謡や三味線を指導したい」と語った。

平成22年から降誕会に合わせて音楽関係の個人や団体を招きコンサートを開催。正親住職による「ご恩」をテーマにした法話もあった。