東京で起業・創業フェス 三重テラス 350人来場、津の味を堪能

【来場者と話す創業者(左)=東京都中央区の三重テラスで】

三重県津市の文化や観光などの魅力を発信する「つデイ」がこのほど、東京都中央区の三重テラスで開かれ約350人が来場した。「ミナツドエ in TOKYO」と題して、イベントを開催。「ミナツドエ」は同市主催の同市内の創業者を多くの人に知ってもらうために同市で開催している起業・創業フェスティバルで、今回は都内出張版となる。創業者はブースを出展し、それぞれの事業を紹介した。

出展者はホエイパスタの製麺・飲食店「4658」の小柴大地氏▽杉焼き料理・体験工房「CEDAR WORKS」の後藤卓也氏▽パン教室とパン販売「COVOPAIN」の三矢しんこ氏▽本真珠ネイル専門サロン「ルキナ」の大西克美氏▽昭和人形館・人形教室「夢うつゝ」の泰良木ゆめ氏▽マナー・自分磨き教室「STYLE UP SCHOOL」の波多野すみ子氏。

創業者らは料理の振る舞いやワークショップ、販売会などを行い自身の取り組みを紹介しながら参加者と交流をしていた。

都内から参加した40代の女性は「パスタを試食させてもらったが、とてもおいしかった。都内のスーパーでは買えないので、またこのような企画があれば嬉しい」と語った。

波多野氏は「想像以上に多くの人に来てもらい、東京の人の感想がダイレクトに聞けて良かった」と語った。