鈴鹿 会社員の少年、転落死 パチンコ店廃屋で探検 三重

【鈴鹿】19日午前2時半ごろ、三重県鈴鹿市北長太町の元パチンコ店の廃屋で友人らと探検していた近くに住む会社員の少年(18)が建物の2階から駐車場に転落した。少年は全身を強く打ち、四日市市内の病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡した。

鈴鹿署によると、死亡した少年は兄(19)と友人3人の計5人で廃屋に入り、各自で好きな場所を探検していた。友人が駐車場でうつぶせに倒れている少年を見つけて一一九番した。2階の搬入用の扉を開けて前に進もうとした際、足場がなく、7―8メートル下の駐車場に転落したとみられる。廃屋は施錠されていなかった。