鈴鹿 出合い頭事故で高2女子重体 過失運転致傷容疑で車の少年逮捕 三重

【鈴鹿】18日午前6時半ごろ、三重県鈴鹿市中旭が丘1丁目の市道交差点で、道路を北東方向に走行中の普通ワゴン車と、南東に走行する自転車が出合い頭に衝突。自転車に乗っていた同市野町中2丁目の高校2年生の女子生徒が頭などを強く打ち、意識不明の重体で市内の病院に搬送された。鈴鹿署は同日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、車を運転していた四日市市の会社員少年(18)を現行犯逮捕した。

同署によると、現場は住宅街を通る幅員5メートルと4メートルの市道が交わる信号のない交差点で、自転車側に一時停止線があった。少年は「ぶつかったのは間違いない」と容疑を認めており、詳しい原因を調べている。