三ツ矢氏が会長続投 自民三重県連が役員選任

【続投が決まり、記者団の取材に応じる三ツ矢会長=津市北河路町で】

自民党三重県連は18日、津市内で役員会を開き、三ツ矢憲生衆院議員(三重4区)が県連会長を続投することなどを盛り込んだ役員人事案を決めた。役員会後の定期大会で承認された。任期は2年間。

副会長には山本教和(志摩市選出)、前野和美(津市)、中森博文(名張市)の各県議、幹事長には青木謙順県議(津市)、総務会長は中川正美県議(伊勢市)、政調会長は石田成生県議(四日市市)を選んだ。

夏の参院選に向けた選挙対策本部の人事も決めた。三ツ矢会長が本部長、水谷隆元県議が本部長代理に就任。副本部長に川崎二郎衆院議員(三重2区)、田村憲久衆院議員(三重1区)、青木謙順県議が就く。

定期大会後、記者団の取材に応じた三ツ矢会長は役員人事について「この体制で参院選に向けた準備を進めてきたので、大きくは変えなかった」と説明。「全力を挙げて選挙を勝ち抜く」と抱負を述べた。

定期大会では、夏の参院選に全力で挑むことなどを盛り込んだ大会宣言案を採択。宣言は「県連が三重の明日を切り開く。自民党が絶対的信頼を得られるよう不退転の決意で取り組む」などと記した。