園児ら安全な道路横断学ぶ カメヤマドライバーズスクールで 三重

【正しい安全な横断歩道の渡り方を実践する園児ら=亀山市井尻町のカメヤマドライバーズスクールで】

【亀山】三重県亀山市井尻町のカメヤマドライバーズスクール(瀬古充也管理者)は16日、「幼稚園交通安全講習」を開いた。教習コースを使って、亀山幼稚園(朝熊久美子園長)の年長園児20人が正しい安全な横断歩道の渡り方を実践した。亀山署が協力した。

歩行者用信号機や信号機のない横断歩道の渡り方を理解するのが狙い。13―17日の5日間、市立幼稚園を対象に実施する。

この日は、同署交通課署員の指導で、歩行者用信号機の青色点灯を確認し、右、左、右を見て、右手を挙げ安全を確認し横断した。

署員は「道路では遊ばない。左右の安全を確認して渡ってください」と2つの約束を呼びかけると園児らは元気な声で「はい。わかりました」と答えた。