横断中の男性はねられ重体 桑名の国道交差点、車運転の男逮捕

【桑名】11日午後1時10分ごろ、桑名市参宮通、国道1号の信号交差点で、軽乗用車が横断歩道を歩いて渡っていた同市福島の職業不詳佐藤正一さん(61)をはねた。佐藤さんは頭などを強く打ち、病院に運ばれたが意識不明の重体。

桑名署は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた鈴鹿市国府町の無職相原靖彦容疑者(76)を現行犯逮捕した。

同署によると、国道1号を北進する相原容疑者が、西から東に横断中の佐藤さんをはねた。詳しい事故原因は捜査中。